世界初の気功麻酔による抜歯手術

秦西平師が日本に来て7年ほど経った頃、歯科医の寺川先生という方と知り合いました。寺川先生は、日本東洋歯科医学会の副会長を務めており、幅広い人脈と国際交流の経験をお持ちでした。

初めて会って名刺交換をした際に、寺川先生はいきなり、「私が歯の手術を行う際に、秦先生に気功で麻酔をかけてもらうということができませんか」と提案されました。確かに中国では、鍼灸や気功で麻酔をかけるということが、以前から実験的に行われていましたが、歯の手術でというのは例がありません。気功師の観点から見ると、これは非常に難しいこと、と秦西平師は言います。

秦西平師は、それまでに中国や日本で外気施術によって、例えば、癌性の疼痛を和らげる、あるいは交通事故の骨折の痛みを和らげる、といった様々な経験がありましたが、歯の麻酔という経験はありませんでした。外気とは、気功師が手のひらなどから気を放出して、患者の身体に良い影響を与えるものです。

秦西平師は熟慮の末、この試みを引き受けることにしました。2000年、東京の歯科医院にて、通常の麻酔薬ではなく、気功によって麻酔をかけ、抜歯手術を成功させました。これは世界初です。

集中して外気を出し続ける

この時、歯の治療が必要な患者は、50歳代の女性で、高血圧や糖尿病などの病気がありました。右奥歯の歯根が砕けて歯肉内に陥入している状態で、抜歯・歯根除去の手術が必要でしたが、麻酔を使うと命にかかわる危険が予想されていました。しかし痛みで食事ができず、眠れないという状態が続き、何とか改善する方法を模索しているところでした。

手術は困難な処置が必要なため、2回に分けて行われることになりました。まず1回目の手術です。秦西平師は、患者さんの脳とツボ、口腔内に外気を当て、寺川先生にも外気を当てました。3人の気の場を統一することは非常に重要です。手術に立ち会っていたもうひとりの歯科医は、外気に影響されたのか、途中で倒れてしまいました。時間の経過を忘れるほど集中して外気を出し続け、1時間ほどで手術が終わりました。

術後、患者に「痛みを感じましたか?」聞くと、「全く感じませんでした。外気を受けている時は気持ちが良かった」と言っていました。手術後、この患者さんは帰宅しました。帰宅後も痛みがなく、術後の回復も早く、寺川先生は大成功と評価していました。

1か月ほど経ってから2回目の手術が行われました。また麻酔薬を使わずに外気を当て続けて、無事に手術が終了しました。患者さんは、「痛みを全く感じず、気持ち良かった」と答えていました。

(写真)抜歯手術の患者に外気を当てる

抜歯手術の患者に外気を当てる

(写真)手術中、外気を当て続ける

手術中、外気を当て続ける

同時多発テロ直後のニューヨークの学会で発表

外気麻酔での抜歯の結果は、この年の秋、日本歯科東洋医学会で寺川先生により発表され、大変驚かれました。さらに、日本歯科東洋医学会からの推薦もあり、全米審美歯科学会でも発表することになりました。

翌2001年、全米審美歯科学会の第25回大会は、同時多発テロ直後のニューヨークで開催され、日本からは寺川先生や秦先生を含めて数名が参加しました。寺川先生らの論文発表の後、抜歯映像を流し、秦先生も気功のパフォーマンスを行いました。

発表が終わると同時に、全米審美歯科学会の会長のスマイゲル先生の奥さんのリンダさんが舞台に上がってきて、極めて率直に、気を感じたいと申し出ました。リンダさんの手のひらに向かって外気を発し、ピリピリした外気を感じると納得したようでした。

リンダさんは肩こりがひどくて眠れないと訴えていました。その場で肩に外気施術を行うと、たびたび驚いたように後ろを振り返り、ドライヤーを持っているのかと思ったと言っていました。そして外気がとても効果があって楽になったとも言っていただきました。

続いてスマイゲル先生も舞台に上がってきました。先生は股関節の状態が良くなく、長年医者にかかっているとのことでした。先生にも外気施術を行うと、舞台上を歩き回り、痛みが和らいだと喜んでくださいました。

翌年、2002年の第26回大会はラスベガスにて開催され、第1日目に招待講演を行いました。アジア人としては初のことで大変光栄なことでした。現地では、東洋の魔法と驚嘆されました。

その後、北京、上海、タイ、サンフランシスコ、ロサンゼルスと、いろいろな気功世界大会や学会にて気功麻酔について発表する機会を得ました。

(写真)全米審美歯科学会の第25回大会

全米審美歯科学会の第25回大会にて、スマイゲル医師夫妻と寺川先生

(写真)ステージ上でスマイゲル先生に外気施術

ステージ上でスマイゲル先生に外気施術

(画像)同時多発テロ直後のニューヨークにて平和を祈る

同時多発テロ直後のニューヨークにて平和を祈る

秦 西平(チン・シーピン)のプロフィール